本文へ移動 文字サイズ 小さく 標準 大きく ご利用案内 背景色

「落とし物検索」を ご利用する上での留意事項

高知県警が公表している「落し物検索」には、事務処理上、次のような内容を含んでいることを了知のうえ、検索していただくようお願いいたします。

公表している落し物情報について


本県で公表している落し物は、拾得された場所が高知県内のもので、本県の警察署又は他都道府県の警察署に提出されたもの、および拾得された場所が高知県以外の都道府県のもので、本県の警察署に提出されたものです。


落し物の中には傘、衣類等のように大量・安価な物や保管に不相当な費用を要する物又は保管に耐えられない物については、既に売却又は処分した物も含んでいます。


公共交通機関等の「特例施設占有者」が保管している物件については、既に施設において返還されている物も含んで掲載されています。


施設内で拾得され、その施設に提出された物は、事務手続き等により公表するまで一定の期間を要します。


拾得された日からホームページで公表されるまでの日数は、事務手続き等により、概ね5日から10日程度の日数を要します。


なお、平成19年12月10日(法の施行の日)以降に警察署長に提出され、又は特例施設占有者から法第17条の規定により届出がされ、警察署長により公告された物件を公表しており、同日より前に現に警察署長に差し出されている物件については公表していません。



落し物の公表期間について


落し主(遺失者)が判明するまで又は保管期間満期日(公告の日から3ヶ月(ただし、埋蔵物は6ヶ月)を経過する日)まで掲載しています。


なお、ホームページの更新状況やシステムへの登録状況により、保管期間満期後の情報が掲載されている場合があります。




公表している情報の更新について


市町村合併、警察署の統廃合が行われた場合には、その都度データを更新していく予定ですが、拾得場所等不明な点がありましたら、「高知県警察本部会計課監査出納係」に直接電話して、お尋ねください。